2005年08月16日

昨日は終戦から60年か…

2005年8月15日は終戦から60年.毎日新聞の記事では電話による戦争についての世論調査を行った結果について書いてあった.
  ・間違った戦争だった:43%
  ・やむを得ない戦争だった:29%
  ・分からない:26%

ここで注目すべきは,戦争を経験した70代以上の回答は「やむを得ない戦争だった」43%が「間違った戦争だった」の37%を上回っており,60代でも「やむを得ない戦争だった」の割合が高かったということ.

我々のようなまだ若い世代は教科書で数行から数ページで戦争について教わるだけといった感じ.後はテレビや映画などで悲惨な映像を見て,「戦争はいけない!」という意識があるだけで「戦争は間違っている」という回答になるのかな.後は戦争の背景をあんまり知らないので「分からない」ってなっちゃうんだろうか.

戦争経験世代が「やむを得ない戦争だった」というとかなり重い言葉に感じる.情報と教育がなくて思いこんでるだけなのかはよくわからないが,これから年を重ねるにつれて「やむを得ない戦争だった」という割合は少なくなっていくんだなぁきっと.まーこの意識が戦争の記憶の風化と密接な関係があるんやろかぁ.

もしよろしければコチラにbanner_03.gif

posted by あむ at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5950734
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。