2005年06月25日

映画『華氏911』

マイケル・ムーア監督がアメリカ・ブッシュ大統領の再選阻止を目標に製作したドキュメンタリー作品.9.11米国同時多発テロの背景と,それを契機にブッシュ大統領の“対テロ戦争”の真実を暴く.本国アメリカでは公開前から様々な物議を醸し,映画の主張を巡って賛否が激しく対立するなど大きな社会現象を巻き起こし,異例の大ヒットを記録.

華氏 911 コレクターズ・エディション
B0001X9D68ドキュメンタリー映画 マイケル・ムーア

ジェネオン エンタテインメント 2004-11-12
売り上げランキング : 2,955

おすすめ平均 star
star戦争批判、ブッシュ氏批判としてではなく
star新しい表現方法とマスコミへの警鐘
starブッシュ大統領の犯罪の記録

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

主な映画賞
2004年 カンヌ国際映画祭受賞
  ・バルム・ドール
2004年 NY批評家協会賞
  ・ドキュメンタリー賞
2004年 放送映画批評家協会賞
  ・ドキュメンタリー賞
2004年 ラジー賞受賞
  ・ワースト主演男優賞(ジョージ・W・ブッシュ) (・∀・)イイ
  ・ワースト助演男優賞(ラムズフェルド国防長官) (・∀・)イイ
  ・ワースト助演女優賞(ブリトニー・スピアーズ) (・∀・)イイ
  ・ワースト・スクリーン・カップル賞(ブッシュとライス)
2004年 ヨーロッパ映画賞ノミネート
  ・インターナショナル作品賞
2004年 セザール賞ノミネート
  ・外国映画賞

『ボーリング・フォー・コロンバイン』で銃社会の問題を訴え,一躍その名を轟かせたマイケル・ムーア監督.あんな人がいてもいいが,その勇気には恐れ入る方だ.この『華氏911』では,あの9.11事件の前から合衆国大統領ブッシュとオサマ・ビン・ラディンには実は強いつながり(関係)があったという事実を伝えている. その内容には大変驚いた.

また,あの事件の当日に報告を受けたブッシュ大統領の対応と表情が笑えた.これが世界を引っ張ろうとする国の大統領なんだ.う〜ん,ただのおやじですな.いろいろな映画の1シーンをコミカルに使って,随所にブッシュ大統領の不備・疑惑・ダメダメさを痛烈に批判していておもしろかった.

そんなおもしろさの一方で,その後のイラク侵攻での戦争の悲惨な爪跡を克明に描いていた.戦争で突然家族を奪われたイラク国民の悲痛な叫び,そしてなぜイラクに派遣されたかわからないまま死んでいった若い兵士,残された母国の家族の心痛な訴え.どれをとっても後世に映像で残すべき部分だと思う.あまり日本では放送されなかった真実(の一部)を知ることができて,とても勉強になる,そして,多くの人に見てもらいたいドキュメンタリーだと感じました.

『華氏911』公式サイト

TSUTAYA24時間ネットで宅配DVDレンタル


もしよろしければコチラにbanner_03.gif

posted by あむ at 20:20 | Comment(13) | TrackBack(4) | 映画
この記事へのコメント
はじめまして。
TBありがとうございました!
また遊びに来ますね♪
Posted by ☆rriissuu☆ at 2005年06月25日 21:40
トラバありがとうございました。

この作品を映画と見るか、否か・・・

小生はこんな映画もありと考えます。
Posted by エノクラ at 2005年06月25日 22:56
>☆rriissuu☆さん
いつでも気軽にのぞきにきてくださいね.

>エノクラさん
ドキュメンタリーか映画かというと難しいところですね.映画の一つと捉えればより多くの人に見られるのではと感じます.
Posted by あむ at 2005年06月26日 15:54
 こんにちは、TBありがとうございます
 全世界的に反米機運が満ちている中、野球帽にTシャツ姿の典型的アメ公スタイルで闊歩することそのものが、この映画の内包する矛盾をはからずも暴露しています。僕はこの人は偽善者だと思いますが、ブッシュよりはましでしょう。今後は慎重な映画作りを期待します。
Posted by 必殺管理人 at 2005年06月26日 17:11
トラックバックありがとうございました。

911の報告を受けた時、ブッシュ氏は
学校の授業を見学しているところでしたね。

対応を取ることなく、数分間過ごしました。
付き添いの人達の方があわてていました。

実際に彼の行動を発端として
死んだ人は何人になるのでしょうか。

その責任の大きさを考えると
私は単純に彼を責める気持ちには
なれませんでした。

彼は象徴です。
小さな悪では私達は何も学習しませんので
大きな悪となって私達に教えてくれていると。

もちろん悪を容認するわけではありません。

イラクで殺された人々、悲しむ家族、
逆にアメリカの極貧層の兵隊たち。

お互いが苦しみながら、助け合うことなく
殺し合い、憎み合う。

彼らには、日常に追われて状況を
省みる余裕はなかったのです。
当然です。殺すか、殺されるかの日常では。

トラックバック、本当に
ありがとうございました。

書きながら自分が今、何をすべきか
何をすべきでないか、決断できました。
Posted by シン at 2005年06月26日 22:24
>必殺管理人さん
コメントありがとうございます.
確かにマイケル・ムーア監督はアメリカ人丸出しですね.
なんだか不気味で真意はわからないところが多いですが,できるだけ真実だけを慎重に追い求めて,今後もドキュメンタリー映画の製作を手がけてもらいたいです.

>シンさん
9.11テロ報告を受けたときのブッシュ大統領にはもっと迅速に行動してもらいたかったですね.それとも今後の対応を慎重に考えていたのでしょうか.

実際に戦争で戦っているのは貧しい人たち・・・.裕福な人々は危険を犯さず,より裕福になることを考える.貧しい人は日々の糧を得るために戦いに出る.なんとも悲しい事実です.それを再認識させてもらったことを収穫と考えたいです.
Posted by あむ at 2005年06月27日 01:02
トラックバックありがとうございます。
そしてはじめまして。

この映画はおもしろかったんやけど、最後は本当に切なくなりました。戦場に行く人たちの本当の理由、現実…。これを放送禁止にした国は本当におろかだと思いますね。
国のおえらいさんは必見すべき作品ですよ。
Posted by d1975g at 2005年06月27日 03:37
>d1975gさん
はじめまして〜.
最初は,ちょっと笑える描写が多かったですが,最後のほうは真剣に考えるべき部分が多かったですね.
たくさんの人に見てもらい,何かを感じてもらいたいです.
Posted by あむ at 2005年06月27日 20:59
トラバありがとうございました。
あむさんの感想はなかなか読み応えあって、面白かったです。
これからも、楽しみにしてます。
Posted by ミズキ at 2005年06月29日 20:10
トラバありがとうございました。
あむさんの感想はなかなか読み応えあって、面白かったです。
これからも、楽しみにしてます。
Posted by ミズキ at 2005年06月29日 20:11
>ミズキさん
感想に対する感想ありがとうございます.
またいつでものぞきにきてくださいね.
flashに関する記事も紹介ありがとうございました.
Posted by あむ at 2005年06月30日 04:07
たいへん遅くなってしまいましたが、トラックバックありがとうございました。

私も、これから気に入った映画のレビューも書いていきたいなあと思っていましたので、大変参考になりました。


Posted by chibi at 2005年06月30日 08:27
>chibiさん
こんばんは〜.コメントありがとうございます.
私のブログも至らないところが結構ありますが,少しでも参考になれば幸いです.
いつでものぞきにきてください.
Posted by あむ at 2005年07月01日 01:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4616315

華氏911 2004年アメリカ
Excerpt: FAHRENHEIT 9/11 洋画ドラマ/シリアス アポなしの突撃取材で、真実を知るには恐れを抱かないマイケル・ムーア監督が、アメリカのブッシュ政権に矢を放った。「僕たちが追い求める自由はどこにある..
Weblog: でじこみわーくす
Tracked: 2005-06-25 23:28

「華氏911」をみて by nobsaku
Excerpt: 8月22日(日)立川CINEMA・TWOで20:00上映のマイケル・ムーア監督「華氏911」をみてき
Weblog: ニュースの裏's
Tracked: 2005-06-26 00:17

【華氏911】
Excerpt: うむ、これはただのブッシュ批判? それならそれでいいけど、これはあくまで真実の一部であって全てではない、という事を念頭に置くべきかな、と。 息子さんを亡くされたお母さんのコメントが印象的でした。..
Weblog: ただの映画好き日記
Tracked: 2005-06-26 22:29

「華氏911」をみて by nobsaku
Excerpt: 8月22日(日)立川CINEMA・TWOで20:00上映のマイケル・ムーア監督「華氏911」をみてき
Weblog: ニュースの裏's
Tracked: 2005-07-28 07:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。