2005年06月06日

映画『タイムコップ2』

時空を越えて陰謀を企む悪漢を止めようと,ある警官の活躍を描いたSFアクションの続編.近未来においてタイムトラベルができるようになる.そうなると,当然,歴史における悪事を食い止めようという正義感が生まれる.ところが歴史を保全しようとタイムコップと呼ばれる警官が歴史を変えようとする輩をなんとか阻止しようとする映画.

タイムトラベルが自由にできるようになったので,歴史保護のためにそいつを追ってタイムトラベル→阻止ということはまーいいとしても,歴史がちょっと変わってしまったら,その変わる前にタイムトラベルして歴史を変えるのを阻止しに行くというとこに矛盾があるなぁ.歴史がちょっと変わった時点で,もう自分がタイムトラベルした先にいる理由がなくなってるわけで.そもそも未来においては,歴史が変わっているという事実すら把握できないと思われ.

『タイムライン』のときにも書いたが,タイムトラベルのときにしっかりした仮定がないと矛盾が生じてしまうのがタイムトラベルものの欠点かな.そのあたりがしっくりこないから,次々と事実が変わって,理解不能な部分も多かった.しかし,主演がジェイソン・スコット・リーなのはちょっと斬新な感じがした.劇場未公開の割には意外に楽しめたかな.

『タイムコップ2』DVD情報

TSUTAYA24時間ネットで宅配DVDレンタル

もしよろしければコチラにbanner_03.gif

posted by あむ at 00:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
はじめまして、TBありがとうございます。
確かに、タイムマシンものってどうしても矛盾が出てきちゃいますよね。
阻止されたら、さらにその前の時代に行けばいいという事も考えられますし。(笑)
ジェイソン・スコット・リーのアクションはもうちょっと見たかったです。
Posted by モダチョキ at 2005年06月06日 01:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4157103
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。