2005年05月26日

欧州チャンピオンズリーグ決勝『ACミラン V.S. リバプール』

今朝,日本時間3:45からサッカー欧州チャンピオンズリーグ決勝がトルコのイスタンブールで行われた.イングランド・プレミアシップからはリバプール,イタリア・セリエAからはACミラン.1年かけて戦い抜いてきた2強が雌雄を決するときが!!

どっちが勝ちそうか実績から言うとACミラン.リバプールが「失うモノは何もない」って言ってたくらいだからね.

前半始まって2分くらいで,ミランはセットプレーからベテラン・マルディーニがゴール前,たたきつけるシュートで早速先制.いきなり試合が動いた!!

前半はさすがミラン.堅い守りと堅実なパス回しでボールを支配し,チャンスの到来を待つ.それから,中盤のセードルフ,ピルロ,カカから突然正確で速いロングパス.これと,シェフチェンコとクレスポのオフサイドぎりぎりの飛び出しとスピード.この2つが見事にマッチしたらリバプールのDFはかなわん!クレスポもうまいシュートだった.前半のうちにミランが3点先取して,ああ,もう試合が決まったかと….

しかし,リバプールもあきらめなかった.そうだ.ジェラードキャプテンがいるじゃないか!ピンチを幾度となく救ってきたジェラードぉおぉお!後半始まって,左サイド・リーセからのクロスにジェラードのここしかないというヘディング!ジェラードゥゥゥゥゥウウゥウ!ムッハ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!!

1点返す.これが流れを変えた!そこからミランは防戦.リバプール押せ押せムード全快.ゴール前,キューウェルに代わって入ったスミチェルのシュート!これがゴール左隅に決まってとうとう1点差.ミランにとっては( ´;゚;∀;゚;)マズー.さらに攻撃は続いて,ジェラードの突破がPKを誘って,シャビアロンソが決めて,3−3同点キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!うおおおおおお.久々に叫んだ!!後半15分たたないうちに3点をひっくり返した.テンション上がる.ここまできたらリバプールを応援するしかない.

そこからは,両チーム攻めに慎重になる.残り時間が少ないから,1点取る為に前に出て逆に1点取られたら致命的だからね.リバプールのDF陣,キャラガー,トラオレらも集中してミランのゴール決定機を消すすばらしい働き.リバプールGKデュデクのスーパーセーブもあって(・∀・)イイ.

延長戦に入るもミランは追加点を挙げられずにとうとうPK突入.ミランの最初のキッカーはセルジーニョ.GKデュデクが左右に動きまくる.実はこれは20年ほど前にリバプールGKグロベラーが決勝戦で左右に体を揺すってゴールを守り抜いたことを真似たらしい.それもあってか,ミランはセルジーニョ,ピルロとデュデクの壁を越えられず.最後はエース・シェフチェンコもデュデクに阻まれて,リバプールがPKでミランを下して優勝.デュデクゥゥウウウウウウ!ムッハ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!!

嵐の中でジェラードが奇跡的につけたライターの火により一気にスパークした感じで攻撃を仕掛け,守るときはきちっと守り,攻守にわたってタイミング良く集中できたリバプール.優勝にふさわしい!感動した!もい(´→ω←`)Q!

もしよろしければコチラにbanner_03.gif

posted by あむ at 22:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー
この記事へのコメント
はじめまして。TBありがとうございます。

3-0から3-3になってPK戦まで行くとは思ってませんでした。

ジェラードとは同い年なので大好きです。

2002年のW杯にケガで出れなかったときは、悔しかったです。

「You'll never walk alone」は、FC東京の試合で聴けますが、本場はスゴイですね。

ようやく、国内でリバプールが見れるので楽しみです。
Posted by たかし at 2005年05月27日 08:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3966059
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。