2005年05月01日

K-1ワールドGP2005 in ラスベガス

 ラズベガスで行われたK-1.

 今回も激しい試合があったが,フランシスコ・フィリオやピーター・アーツ,アンディ・フグのでていた時代の方が興奮したかなぁ.

 今回輝いていたのは,グラウベ・フェイトーザ!ブラジリアン・キックの使い手.すげー.長身だから,そのキックが効果絶大.ひざを上げるまではノロいが,そこからすさまじいスピードでふりおとす足首はかわせないし,やばい破壊力っぽい.かかと落としもでたし,グラウベの試合は満足の一戦だった.

 しかし,藤原ノリカのコメントはホンマどうでもいい.根拠のないことを自身をもって言うが,言ってることが結構当たり障りのない回答なのが成長したところなんかも.

 あ,そういや,ボンヤスキーを破ったマイティ・モーもよかった.まー決勝戦はイマイチだったけど.

 次のグランプリに期待しますか.

もしよろしければコチラにbanner_03.gif

posted by あむ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。