2006年04月14日

映画『THE JUON/呪怨』

日本で作成・公開された『呪怨』のハリウッド・リメイク版.

〜 死んでも逃げられない 〜

■ストーリー
大学で福祉を学ぶ留学生のカレン.ある日,授業の一環である一家の介護をすることに. カレンはその家までやってくるが,いくら声をかけても家から誰も出てこない. そこでカレンはおそるおそる中へ入っていくのだが…

photo
THE JUON -呪怨- ディレクターズ・カットコレクターズ・エディション
サラ・ミシェル・ゲラー 清水崇 ジェイソン・ベア
ジェネオン エンタテインメント 2005-07-22
おすすめ平均 star
starう〜ん、貞子とコラボしちゃってる。。。
star日本人俳優がアメリカ人俳優に変わっただけ…
star私は正直に恐いと思ったが・・・
star面白かった・・・けれども
star昔からある

by G-Tools , 2006/04/03


■感想
舞台が日本なのに,登場人物を無理矢理に外国人にしたのはハリウッド版を強く意識したからなのだろうか.個人的には違和感たっぷりでした.

内容としては,話の筋が通っているように見える見せ方が下手に思えて,頭の中で構成するのに疲れてしまった.また,回想シーンを持ってくるタイミングや始まり方が微妙すぎて困った.

場面場面で大きな音とともに登場する幽霊はかなり怖かった.これぞジャパニーズホラーなのか.それとも単に自分にホラーの耐性がないだけなのかw. が,「うおおおおおおおおい!?なんでそうなるの?」とツッコミたくなる場面も多かった.うーん,大まかなストーリーと因果関係はわかったものの,細かい設定が理解できてないのかも知れない.

『THE JUON/呪怨』公式サイト


もしよろしければコチラにbanner_03.gif

posted by あむ at 17:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。