2005年11月14日

映画『コラテラル・ダメージ』

2001年秋公開予定だったが,9.11の同時多発テロが発生し,本作のテロリスト扱った内容があまりにも刺激的すぎるとのことから,公開が遅れた作品.

■ストーリー
消防隊長を務めるゴーディーは,目の前でテロにより妻と幼い息子を亡くしてしまう.政府は国家のために多少の犠牲はやむを得ないという観点から犯人を捕らえる意志がないこと知ったゴーディーは自ら犯人に鉄槌を下す…

コラテラル・ダメージ 特別版
B000B63CU8アーノルド・シュワルツェネッガー アンドリュー・デイビス クリフ・カーティス

ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-09-30
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star面白いです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■感想
消防隊長のシュワちゃんが越境して危険な目に遭いながらも犯人に出会うことができるということが,かなり幸運すぎる感があった.しかもなかなかのしぶとさというか強靱さ.軍関係者だったら,きっとテロリストから銃やらなんやら奪ってコマンドーのごとく暴れ回るんだろうが,銃を使わずに戦ったのは消防士という設定が効いてるのかな.

獅子奮迅の驚異的な活躍など非現実的なことが盛りだくさんだったが,ラストにはちょっとしたフェイクなどもあり,何も考えずに見るにはなかなか良い映画でした.

『コラテラル・ダメージ』公式サイト

TSUTAYA24時間ネットで宅配DVDレンタル

もしよろしければコチラにbanner_03.gif

posted by あむ at 20:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。