2005年10月07日

映画『ブラザーフッド』

一緒に帰ろう…

突然勃発した朝鮮戦争を背景に,2人の兄弟がたどった悲しい運命を兄弟を中心に描いた大スケールな戦争映画.

■ストーリー
1950年,韓国のソウルで仲むつまじく生活を営んでいた兄のジンテ,弟のジンソク,兄の恋人ヨンシンとチビちゃいお子様たち.だが,突然朝鮮戦争が始まり,2人の兄弟は徴兵されて戦地へ赴くことに.弟思いのジンテはなんとか弟を除隊させようとがんばったのだが…

ブラザーフッド プレミアム・エディション
B0001A7CZKチャン・ドンゴン カン・ジェギュ ウォンビン

おすすめ平均
stars良かったです。
starsぜひ観てほしいDVD
starsダイナミックな中に深みがあります。
starsチャン・ドンゴン鬼気迫る演技がすごい
stars鼻ぐちゃぐちゃ3人娘

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■感想
そういえば,韓国と北朝鮮ってまだ戦争してたんだって思い出した.そして,その戦争の始まりって,この映画の中みたいに普通の生活の中で突然起こってしまうような感じなんかなぁとも思った.

この映画の見所は,戦争がなければ皆このまま平和に幸せに暮らせて行けたのに,それが戦争によってバラバラになり人間関係も薄くなってしまう悲劇.そして,自分が活躍することによって功績をあげて,弟を戦地から逃れさせようと考える弟思いの兄の兄弟愛(タイトル通り)といったところか.

戦闘シーンでは画面がかなり揺れて気分が悪くなりそうだったが,臨場感も高まり,なかなか大迫力だった.機銃を撃ちまくるトーチカに向かって単身走り込み,手榴弾で吹っ飛ばすシーンは,今やっているPS2ゲーム『メダル・オブ・オナー ヨーロッパ強襲』みたいでよかった(・∀・)イイ.その他の市街戦も同じような場面がゲーム中にあったので個人的には満足満足.

戦争は人を変えてしまう…なかなか良い教訓となる戦争映画だったと思います.特にチャン・ドンゴンの演技というか表情はすばらしい.ウォンビンも弟っぽくてキャスティングもよかったと思える作品でした.

ちなみに今年のつい最近である10月1日に閉幕した第50回アジア・太平洋映画祭(開催地:クアラルンプール)で9部門にノミネートされたうちの,最優秀作品賞と監督賞の2部門を受賞し,評価されていた.(・∀・)イイ

『ブラザーフッド』公式サイト

TSUTAYA24時間ネットで宅配DVDレンタル

もしよろしければコチラにbanner_03.gif

posted by あむ at 19:15 | Comment(5) | TrackBack(5) | 映画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。