2005年09月01日

映画『ランド・オブ・ザ・デッド』

2005年8月27日に公開されたばかりのこの映画を早速見てきました.ネタバレはないはずです.

最近ゾンビモノの映画が良く公開されていますね.バイオハザード1・2やドーン・オブ・ザ・デッドなど.これらのゾンビモノの元祖といえば,このジョージ・A・ロメロ監督.過去には以下のようなゾンビシリーズがあります.

それで,このゾンビ最新作はというと,(なぜか)ゾンビで蔓延した都市で,軍や傭兵たちに守られて安全に暮らす裕福層と,死と隣り合わせで暮らす貧困層と,そして進化し続けるゾンビの3者が血と血で争う戦いを描いたサバイバル・ホラー.

ジョージ・A・ロメロ監督 ゾンビシリーズ
シリーズ 作品名 公開年度
第1弾 ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生 1968年
(劇場未公開)
第2弾 ゾンビ 1978年
第3弾 死霊のえじき 1985年
第4弾 ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド 最終版 1999年

一言で言うと,Σ(゜ロ゜;)!!ビクッという怖さと,( ´,_ゝ`)プッという笑いがでそうなおもしろさを兼ねそろえた映画でした.ゾンビといえば,ゾンビから直接攻撃を喰らうとその人もゾンビになるというのが定番ですが,ここはなぜそうなるのかを問わずに,暗黙の了解と言うことできっといいんでしょう.しかし,この映画では,どういういきさつで人間たちがゾンビになったのか,最初の時点で食い止められなかったのかなどの背景も付け足したら,始まりがもっとまとまったのかなっていう印象でした.

やはり定番であり,ホラーには欠かせない音と突然の出現.「うおぉおぉお!ここで出てきそう!」って予測しててもΣ(゜ロ゜;)!!ビクッとなってしまう.ちょっと恥ずかしい(・・。)ゞ テヘ.後は,場面によっては,グシャラァという音とともに現れる相当グロい描写は生々しくて映画としては良いねぇ.進化するゾンビと言えども,素早いゾンビはゾンビらしくないね(固定観念ですが).やっぱり鈍いけど着実に忍び寄る恐怖と,直接攻撃を少しでも喰らうとゾンビの仲間入りというのがゾンビ特有の怖さかな.そのあたりもきちんとおさえていたなぁ.

おもしろさというのは,とってもアフォそうなゾンビの表情と動きに主に見られた.小さな子供のような動きはコミカルで笑えた.だけど,凶暴だという落差がよかったのかも.

ストーリーとしては,ゾンビだらけの世界で繰り広げられる,自分のことだけを考えるヤツと一般市民を守ろうという正義の味方的存在という典型的な対立というテーマを盛り込んでドラマ性を高めていました.全体としては,なんでそうなっちゃうのかYO!という疑問点を抱かねば,笑いあり恐怖ありで楽しめたホラー映画でした〜.

『ランド・オブ・ザ・デッド』公式サイト

TSUTAYA24時間ネットで宅配DVDレンタル

もしよろしければコチラにbanner_03.gif

posted by あむ at 23:55 | Comment(7) | TrackBack(33) | 映画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。